2016年10月9日、映画監督アンジェイ・ワイダの訃報が伝えられました。ポーランドの巨匠として知られるワイダ監督は、90年の生涯を通して40 本もの映画を撮りました。常に政治と歴史に向き合い続けた芸術家であり、その死は大きな衝撃を持って迎えられました。

 1926年、ポーランドで生を受けたアンジェイ・ワイダは、陸軍将校だった父を「カティンの森事件」(1940年)で亡くし、10代半ばにしてレジスタンス活動に従事します。第二次世界大戦後ウッチ映画大学に入学した彼は、自らのレジスタンス体験をもとに、1954年、長編映画『世代』を監督。本作は『地下水道』『灰とダイヤモンド』とあわせて「抵抗3部作」と呼ばれ国際的な評価を獲得、“ポーランド派”として世界中にその名を知らしめました。その後も、第二次世界大戦下のポーランドを舞台にした作品や、社会主義政権への懐疑を示した作品など、歴史的視点を取り入れた映画を次々に発表。その反骨精神あふれる作品群は、ポーランド国内はもちろん、世界各国に多大な影響を与えてきました。

 また、ワイダ監督は大の親日家としても知られ、これまで開催してきたポーランド映画祭でもその作品が多くの観客を魅了しました。

祖国の芸術文化の発展にも大いに貢献し、2002年に映画監督ヴォイチェフ・マルチェフスキと共同でポーランドに映画学校「アンジェイ・ワイダ映画マイスター学校」を創設。自ら教鞭を取るなど、後進の育成に励んできました。その成果は、『ヨアンナ』のアネタ・コパチや、『最後の家族』のヤン・P・マトゥシンスキといった新鋭監督たちの誕生をもたらし、『イーダ』のパヴェウ・パヴリコフスキ監督も教師として同校に勤めています。

 今年で5年目を迎えるポーランド映画祭では、ワイダ監督の代表作10作品を上映。また、監督の影響を受けて育った若手監督たちの最新作も紹介します。その生涯を、芸術に、政治に、そして祖国ポーランドの発展に捧げてきたアンジェイ・ワイダ監督。その死を悼みながら、彼が残した素晴らしい作品群をぜひご堪能ください。
 ポーランド映画祭は今年で5年目を迎えることとなりました。私たちの映画を愛してくださる日本の方々の想いがあってこそ、続けてこられたことだと私は信じております。

 つい先日、ポーランド映画の父と呼ばれ、私の大先輩でもあるアンジェイ・ワイダ監督の訃報が届きました。ワイダ監督の映画を作り続ける姿勢は、私にとっても大きな力となっていたので、彼を失ってしまったことはとても悲しく、残念に思っています。それにあたり、今年は急遽プログラムを変更し、ワイダ監督の作品を中心にご覧いただける機会をご用意しました。

 また、まだまだ紹介しきれていない最新のポーランド映画の傑作もご紹介したいと思います。

 今年は皆さまにお会いできずとても残念ですが、来年は日本で皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
イエジー・スコリモフスキ